【2019年版】[AntiRevoke]iOS12でも非脱獄で7日間問題を解決する方法を解説!

7日間問題とは?

そもそも、7日間問題を知らない人が居るかも知れないので、まずは7日間問題とは何かを説明します。

 

7日間問題とは、サイドロードしたアプリが7日間しか使用できない問題のことをいいます。

署名の有効期限が7日間しかないため、それ以降はアプリが起動できなくなってしまいます。

 

今回はその7日間問題を非脱獄で解決する方法を紹介します!

iOS12でも非脱獄で7日間問題を解決する方法

まず、準備としてiCloudDriveにtxtファイルをアップロードする必要があります。

アップロードの手段は問いません。

Dropbox経由でアップロード、iCloudWebでアップロード、どのような方式でも構いません。

 

テキストファイルの中には「ocsp.apple.com」と入力しておいてください。

 

次に、設定アプリを起動します。
(この作業はモバイル通信がないデバイスは必要ありません。)

[モバイル通信]をタップし、下へスクロール。

「Wi-Fiアシスト」をOFFにしてください。

 

次に、DNSCloakというアプリをインストールしてください。

https://itunes.apple.com/us/app/dnscloak-secure-dns-client/id1452162351?mt=8 

 

インストールができたら起動します。

 

起動したら以下のような画面になるので、左上のメニューアイコンをタップ。

 

タップしたら、以下のように設定を変更してください。

◆General options

  • 「Connect On Demand」をON
  • 「Cache responses」をON

 

 

 

◆Blacklists & Whitelists

  • 「Enable Blacklist」をON

 

Enable Blacklistをオンにすると、ファイルを選択する画面になるので、先ほどアップロードしたtxtファイルを選択してください。

 

◆Advanced options

  • 「Skip accessibility check」をON
  • 「Strict mode」をON

 

  • IPv4を「IPv4 & IPV6」に

これで設定は終わりです。

左上の「<」をタップして下の画面に戻り、三角アイコンをタップしてDNSをオンにして下さい。

 

これで完了です。

 

 

 

もし、きちんと動作しているかを確認したい場合はiNetToolsを使用して「ocsp.apple.com」にPingを打ってください。

 

https://itunes.apple.com/us/app/inettools-ping-dns-port-scan/id561659975?mt=8 

 

 

お疲れ様でした。