Twitterの公式と課金の認証バッジを見分けて騙されないようにしよう

2022年11月9日以降から、Twitter Blue利用者には「認証済みアカウント」のバッジが付与されるようになりました。

しかしこの認証マークを悪用したアカウントが多発したためか、TwitterはTwitter Blueの新規登録ボタンを11月11日の午後に取り下げ。
一般ユーザーが認証マークを新規に取得する事はできなくなりました。

 

誰でも課金することで取得することができた認証バッジを公式として付与された認証バッジと課金によって付与された認証バッジを、見分ける方法を解説します。

 

Twitterの公式と課金の認証バッジを見分ける方法

実は簡単にできます。

確認したいアカウントのプロフィールを開き、公式アイコンをタップするだけ。

 

公式の認証バッジの場合は

このアカウントは、政府、ニュース、エンターテイメント、または他の指定されたカテゴリーにおいて注目されているため、認証されています。

と表示されます。

 

逆に、Twitter Blueにて取得した認証バッジは

このアカウントは、Twitter Blueに登録しているため認証されています。

と表示されます。

 

 

ちなみに、PCでも同じで認証バッジの部分をクリックすることで、公式と課金の認証バッジを見分けることができます。

 

認証バッジは「金」「グレー」「青」に分けられる

2022年12月2日に認証バッジの配布を再開し、認証バッジを

  • 企業は「金」
  • 政府は「グレー」
  • 個人(有名人かどうかは関係なく)「青」

に分けるとツイートしています。

 

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

AdBlockが検出されました

「9ketsuki.info」をホワイトリストに追加して、
ページをリロードしてください。