【Android】野良アプリを使用する際に気をつけなければいけないこと

GameKillerやGameCIHなどはGooglePlayStoreに挙げられていない野良アプリですね。

この他にも沢山野良アプリがあります。
野良アプリには主に法に触れているようなアプリや、不正を行うアプリがありますね。

そのほかにもアダルトコンテンツを含んでいたりと。

そのようなアプリを使用する際に気をつけなければいけないことがあります。
下手すると、下手しなくても、

  • 個人情報が盗まれる
  • 盗撮される
  • 位置情報が第三者に送信される

などといった被害に遭うことになります。

このような被害に遭わないために、以下のことに気をつけてください。

1:海賊版アプリは出来るだけ使用(インストール)しない
2:アプリをインストールする際に求められるアクセス権限に必要のない権限を与えない

この二つは必要最低限です。

2番に関して詳しく説明すると、
(例)パズルゲーム。

パズルゲームをインストールする

権限が必要です
・電話帳内へのアクセス
・ネットワーク通信
・電話発信
・位置情報
・メッセージ
などなど……..

これは、見ての通り明らかにおかしいですよね。

パズルゲームなのに、電話帳やメッセージ…
完全にウイルス。

と、みなしてください。
一度許可してしまうと何が起こるかはわかりません。

一番良いのはセキュリティーアプリを入れておくことなのですが、それを入れていると不正を行う系統のアプリなども感知されてしまう恐れがあります。

なので、最低限

  1. 海賊版アプリは出来るだけ使用(インストール)しない
  2. アプリをインストールする際に求められるアクセス権限に必要のない権限を与えない

は、守ってください。

AndroidはiOSとは違い、セキュリティーがかなり弱く、色々な形でアプリが動作します。
本人は気づいていないことが多く、危険です。

一番危ないのがroot化です。
Androidユーザーなら、かなりの人が行っていると思いますが、これは正直言ってコンピューター(Android)に関する知識やセキュリティーに関する知識がない人はやめておいたほうがいいです。

管理者権限なんて何されるかわからないので。

と、いうことでAndroidユーザーはroot化している人もしていない人も。
野良アプリを使っている人も使っていない人も。

GooglePlayStoreに上がっているアプリは安全ではありません。
GooglePlayStoreだから大丈夫だろうと思ってインストールしたらまさかのマルウェアが仕込まれていたりするので、気を付けてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする