【最新】torrentファイルがダウンロードできるアプリ「iTransmission」をインストールする方法と使い方

torrentファイルがダウンロードできるアプリ「iTransmission」

iPhoneやiPad、iPodtouchでtorrentをダウンロードしたいと思ったこと、ありますよね?

ですが、AppStoreには存在しません。

 

今回はtorrentファイルがダウンロードできるアプリ「iTransmission」をインストールする方法とiTransmissionの使い方を紹介します。

torrentファイルがダウンロードできるアプリ「iTransmission」のインストール方法

サイドロードストアからインストール可能です。
好きなところからインストールしてください。

ちなみに、サイドロードストアは他にもあるので興味があったら覗いてみてください。

【非脱獄】web版サイドロードストア一覧

 

では、インストールできたら署名を信頼します。

 

署名の信頼方法は別の記事で書いているのでそちらを参考にして下さい。

【信頼されていないエンタープライズ開発元】サイドロードしたアプリを起動できるようにする方法

 

これで起動できるようになったはずです。

 

iTransmissionでtorrentファイルをダウンロードする方法

iTransmissionは「.torrentファイル」と「マグネットリンク」両方に対応しています。

 

.torrentをダウンロードしたりマグネットリンクを開くと
iTransmissionで開きますか?」と聞かれるので「開く」をタップして開きましょう。

 

iTransmissionで開かれると自動でダウンロードが始まります。

 

iTransmissionの詳しい使い方

ここからはiTransmissionを使いこなす方法を紹介します。
(勿論悪用厳禁)

 

iTransmissionの設定

 

設定は右下の歯車アイコンから行うことができます。

 

WEB INTERFACE

異なるデバイス間でダウンロード状況を共有出来る機能です。
が、これは脱獄していないと無理なのかもしれないです。

非脱獄デバイスで試してみたところ、エラーが出て使えませんでした。

[ローカルIPアドレス]:[ポート(9091)]
で繋げることができます。

今回の私の場合は192.168.10.103がiPhoneのローカルIPアドレスです。

 

 

NETWORK INTERFACE

Wi-Fi接続時のみ通信を行うか、モバイル回線(4G/LTE)を使用して通信を行うか、または両方を選択することができます。

Wi-Fiオンリーをお勧めします。

 

PORT LISTENING

リスニングポートの設定ができます。

 

BACKGROUND DOWNLOADING

Enabled:バックグラウンドでもダウンロードを継続します。

Enable Microphone:マイクを使用することでデバイス内のプロセス優先順位を上げます。

 

torrentでダウンロードしたファイルを開く方法

基本的にダウンロードしたファイルは「ダウンロードしたから満足!」ではなく、開いて再生したり閲覧したりしますよね?

 

iTransmissionは外部アプリにファイルをコピーして開く機能があります。

これを使えば動画ファイルや画像ファイル等もiPhoneだけで解凍、再生、閲覧可能です。

 

ダウンロードが完了したらプログレスバーが緑色になります。

 

タップして詳細を開きます。

 

下へスクロールして「Files」をタップします。

 

すると、ダウンロードしたファイル一覧が表示されるので開きたいファイルをタップします。

 

開きたいアプリを選択すると選択したアプリでファイルが開かれます。

 

お疲れ様でした!