【信頼されていないエンタープライズ開発元】サイドロードしたアプリを起動できるようにする方法

P○rnhubからTwitter動画ランキングまで、エ○動画を無料で見まくれるアプリが登場!
消される前にインストールするべし!

関連記事

Yealicoは漫画を読むことができますが、それの動画版のイメージです。TikTokのようにスクロールで半無限に動画を視聴できます。 [ad_dis_top]TikTokのように快適に動画を見まくれるT[…]

 

 

サイドロードしたアプリを起動できるようにする方法

サイドロードしたアプリは署名を信頼していないと「信頼されていないエンタープライズ開発元」と表示されて起動できなくなっています。

※企業署名の場合は「信頼されていないエンタープライズ開発元」と表示されますが、個人署名(AppleID)の場合は「信頼されていないデベロッパ」と表示されます。

今回はサイドロードしたアプリを起動できるようにする方法を紹介します。

サイドロードしたアプリの署名を信頼する方法

ステップ1

設定アプリを開きます。

 

ステップ2

[一般]>[プロファイルとデバイス管理]

へと進みます。

 

ステップ3

エンタープライズAPPやにある企業名またはAppleIDをタップ。

~~を信頼」をタップして署名を信頼してください。
※~~の部分は企業名やAppleIDが入ります。

 

これでアプリが起動できるはずです。

 

もし、これでも起動できない場合やアプリが検証できない場合は署名がrevoke(無効化)されています

revokeされていた場合はアプリを定期的にインストールして再署名されるのを待つか、CydiaImpactorを使って自分のAppleIDで署名してください。

個人的には自分で署名してしまうのが一番いいです。
(7日間問題がありますが。)

非脱獄でもチートや非公式アプリがインストールできる!「Cydia Impactor」の使い方

管理人がオススメするお得な情報

1,000円→無料

登録時にもらえる1000円分のポイントで毎日オリパが引ける。

課金するとさらにお得な損しないオリパも引けるので激アツ!!

 

3,000円→無料

AudibleはAmazonが出している本を聴くサービス。

作業をしながら本を読む(聴く)事が出来るので、効率良く情報のインプットが可能に。

 

1,960円→無料

漫画・小説・雑誌などが読み放題のKindleUnlimited。

即解約しても、期間中は利用できるので心配な方は即解約でもOK。