注目キーワード
  1. Music FM
  2. 漫画
  3. Yealico

アクティベーションロックを強制解除出来るツール「iRemove」【今なら一部無料】

iPhoneやiPadを使っていて、うっかりしているとアクティベーションロックがかかってしまい、さらにそこで登録していたAppleIDとパスワードが分からない!

なんてこと、結構あると思います。

9ketsuki
管理人も身内のiPadにアクティベーションロックがかかってしまってAppleに解いてもらったよ・・・。
他にも、中古ショップやメルカリなどのオンラインショップでiPhoneやiPadを購入したものの、アクティベーションロックがかかっていて使えない。
なんてことになった方も少なくはないのではないでしょうか?
今回は、そんな厄介なアクティベーションロックを強制解除してしまうツール「iRemove」を紹介していきます。

アクティベーションロックを強制解除出来るツール「iRemove」

まず、アクティベーションロックの仕組みから解説していきます。

 

アクティベーションロックとは

アクティベーションロックとは、iPhoneを探すに含まれている機能の1つです。

「iPhoneを探す」機能が有効になっている状態で強制的に工場出荷時に戻したりすることでアクティベーションロックが発動します。

 

アクティベーションロックを解除する方法

このアクティベーションロックを解除する方法ですが、正式の方法では3つあります。

 

登録していたiCloudのAppleIDとパスワードを入力

1つ目は、登録していたiCloudのAppleIDとパスワードを入力して解除する方法です。

本当の正式なアクティベーションロックの解除方法はこの方法のみです。

 

iCloudにサインインしてデバイスを削除

2つ目は、iCloudにサインインしてアカウントからデバイスを削除します。

この方法は主に手元にデバイスがない場合に使われます。

 

Appleのサポートセンターに電話して解除してもらう

2つ目は、Appleのサポートセンターに電話してAppleの人に解除してもらう方法です。

この方法の場合、アクティベーションロックがかかっているデバイスの購入証明書などをApple宛に送る必要がある上、解除までに1週間ほどかかります。

 

 

1つ目と2つ目の方法はAppleの『アクティベーションロックをオフにする – Apple サポート』で詳しく解説されています。

 

・・・とまあ、デバイスを他人から購入してかつ、連絡が取れない状態になってしまうと詰むワケです。

 

そこで登場するのが今回紹介する「iRemove

このツールは対応しているデバイスのアクティベーションロックを強制解除してくれたり、iPhoneを探す機能を強制的にオフにしたり出来ます。
(※悪用厳禁)

 

iRemoveをダウンロード

iRemoveは現段階ではMacのみに対応しています。
(※一部ツールはWindowsのみ対応)

ダウンロードはiRemoveの公式サイトから可能です。

 

iRemoveの機能一覧と対応状況

iRemoveは全てのデバイス・全てのiOSバージョンに対応しているわけではありません。

 

アクティベーションロックの強制解除(有料)

iOS7.x.x〜iOS10.x.xまでの全てのiPhoneデバイス・全てのiPadデバイスは無料でアクティベーションロックの強制解除が可能です。
(Windowsのみ対応・期間限定で無料)

ツールのダウンロードは「iRemove Software Free Bypass iCloud Activation Screen Lock on iOS versions: 7 & 10」にて行えます。

 

 

iOS12.3〜iOS14までのiPhone6sからiPhoneXまで・iPad2からiPadProまでのデバイスは有料でアクティベーションロックの強制解除が可能です。
(Macのみ対応・要脱獄)

 

「iPhoneを探す」機能を強制解除(有料)

iOS13〜iOS14までのiPhoneSEからiPhoneX・iPad2からiPadProまでのデバイスに設定されている”iPhoneを探す機能”を強制的にオフにします。
(Macのみ対応・要脱獄)

 

設定されているAppleIDをを削除する(無料)

iOS12.1までの全てのiPhone・iPadデバイスに設定されているAppleIDを強制的に削除します。

※このツールはWindowsのみ対応しています。

このツールのダウンロードは「Download iRemove Tools Apple ID Bypass Software」から行えます。

 

実際にiRemoveを使用してアクティベーションロックを強制解除してみる

iRemoveを公式サイトからダウンロードして起動します。

 

ツールを起動するとこんな感じ。

 

いざ、デバイスを接続してアクティベーションロック強制解除・・・!

と思ったら、この間もう使わないなと思ってiOS14まで上げていたのを忘れていました・・・(;;)

 

強制解除するには脱獄している必要があるので、脱獄用のツール「Checkra1n」も内蔵されているようです。

おそらく、Mac限定なのはCheckra1nがMacにしか対応していないからです・・・。

 

アクティベーションロックがかかってしまって、デバイスの機種・iOSバージョンがiRemoveのサポート範囲内だった場合は是非、試してみてください!

ブログランキング・にほんブログ村へ
あなたにオススメ