非脱獄でもチートや非公式アプリがインストールできる!「Cydia Impactor」の使い方

Cydia Impactorとは?

Cydia Impactorはsaurik氏によって開発されました。

このツールは、ipaファイルとAppleID(アカウント)さえあれば、署名されていない(AppStoreにはない)アプリを自分のアカウントで署名してインストールすることができます。

Cydia Impactorの登場によって、非脱獄デバイスでも色々なことが出来るようになりました。

Cydia Impactorのダウンロード

Cydia Impactorをダウンロードするには、http://www.cydiaimpactor.com/へアクセスして自分のPCに合ったものをダウンロードしてください。

 

 

 

ここでは、Windowsを用いた手順を説明しますが、GUIはほとんど同じなので大丈夫でしょう。

 

Cydia Impactorの使い方

まず、Cydia Impactorを動作させるには、iTunesをインストールしている必要があります。

インストールしていない人はインストールしてください。

https://www.apple.com/jp/itunes/download/

 

 

ダウンロードしてきたzipファイルを適当な場所へ解凍し、解凍したフォルダに入っている「Impactor」を起動してください。

 

デバイスをPCに接続したら、Impactorで接続したデバイスの情報が表示されます。

表示されたら、インストールしたいipaファイルをImpactorにドラッグ&ドロップします。

 

AppleIDとパスワードを求められるので、入力して下さい。

 

インストール作業が始まるので、しばらく待ちます。

 

インストール作業が終わると、「done.」と一瞬だけ表示されるのですが、本当に一瞬なので、元の画面に戻ったらインストール完了だと思っておいてください。

 

インストールが完了すると、デバイスのホーム画面にアプリが追加されていると思います。

 

次に、自分の署名を承諾する必要があります。

アプリを検証すればアプリが起動できるようになります。

【信頼されていないエンタープライズ開発元】サイドロードしたアプリを起動できるようにする方法

 

注意

この方法を使うと署名されていないアプリをインストールできます。

つまり、誰が作成したかもわからない、安全かどうかもわからないアプリもインストールできてしまいます。

 

ipaファイルを自分で拾ってきてインストールする際は、自己責任で行いましょう。

 

また、この方法は7日間で期限が切れてしまいますが、以下に書いてある方法を使用するとそれを回避することができます。

なぜ!?AntiRevokeを使用しているのにも関わらず”信頼されていないエンタープライズ開発元”と表示されてしまう!AntiRevokeの仕組みと対処法を紹介!