フォーラムにアクセスする!

なぜ!?AntiRevokeを使用しているのにも関わらず”信頼されていないエンタープライズ開発元”と表示されてしまう!AntiRevokeの仕組みと対処法を紹介!

AntiRevoke

10月の終わりごろから、AntiRevokeを使用しているのにもかかわらず、「信頼されていないエンタープライズ開発元」と、表示されてしまいアプリが起動できなくなるケースが増えているようです。

このことについて、簡単に仕組み、対処法を解説します


AntiRevokeの仕組み

簡単に説明するとAntiRevokeは、アプリの証明書が正しいか、有効かどうかを確認するためのサーバー「oscp.apple.com」との通信をブロックしていました。

ブロックすることによって、証明書が有効かどうかを確認できないようにしていました。


なぜ、今回使えなくなったの!?

Appleは、AntiRevokeへの対抗(?)として、新しい認証サーバー「ppq.apple.com」をリリースしました。

このppq.apple.comにより証明書の失効が証明され、使えなくなってしまう事態が起こりました。


どうすればいい?

脱獄している人の大半は、脱獄アプリの強力なAdBlocker系のアプリを使用して「ppq.apple.com」をブロックするか、hostsファイルを直接書き換えてブロックするか。

を考えると思います。

ですが、前者はセーフモードになった瞬間サーバーに繋がってアウト。

後者はyaluの証明書が失効した際、

CydiaImpactor、CydiaExtender等でyaluをサイドロードしようとする

デバイスにアプリがインストールされる

アプリを認証しようとする

デバイスがppq.apple.comにアクセスして認証しようとする

hosts書き換えによってppq.apple.comへのアクセスがブロックされていて認証できない

orz

となってしまいます。


対処法

AppStoreで配布されているような強力でないAdblockを使用して「oscp.apple.com」と「ppq.apple.com」のドメインをブロックする。

私はこのアプリをお勧めします。

また、アプリをサイドロードする際、ppq.apple.comをブロックしている状態だと認証できないので、サイドロードする際はAdblockをオフにしましょう。

アプリをサイドロードする際はAdblockをオフにしておく。

サイドロードしたアプリを起動する際には、あらかじめAdblockをオンにしてppq.apple.comとの通信をブロックする。

また、デバイスを再起動させた時などにAdblockをオンにするのを忘れがちなので、気を付けましょう。

↓応援よろしくお願いします!↓


人気ブログランキング
0

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

『なぜ!?AntiRevokeを使用しているのにも関わらず”信頼されていないエンタープライズ開発元”と表示されてしまう!AntiRevokeの仕組みと対処法を紹介!』へのコメント

  1. 名前:いけお 投稿日:2017/11/13(月) 01:49:04 ID:6449b0656 返信

    orz状態でなんですが、また脱獄環境に戻れる可能性はゼロではないということですか?

    0
  2. 名前:匿名 投稿日:2017/11/25(土) 15:27:16 ID:096edacc8 返信

    Cydia impactorでpcを使用して
    ipaでインストールしたアプリも
    この方法で対処できるのでしょうか?
    解決策をご存知でしたら教えて頂きたいです。

    0
  3. 名前:qketsuki 投稿日:2017/11/25(土) 15:28:19 ID:439053af2 返信

    行けるはず…です…。

    0
  4. 名前:匿名 投稿日:2017/11/25(土) 18:38:30 ID:096edacc8 返信

    かしこまりました!
    お返事ありがとうございます!

    0
  5. 名前:匿名 投稿日:2017/12/02(土) 16:37:04 ID:8c628ad4b 返信

    AdBlockでのドメインの追加の方法が分かりません…
    やり方を教えてください!!

    0