フォーラムにアクセスする!

恐らく色々なアプリで使われているであろう脱獄チェックの仕組み

↓最初にワンクリックだけお願いします!↓


人気ブログランキング
ただのセキュリティー

パズドラレーダーやFGO、LINE系ゲーム等で使われているであろう脱獄チェックの仕組み。

以下のファイル(フォルダ)が存在するかを確認

/Applications/Cydia.app

/bin/bash

/usr/sbin/sshd

/etc/apt

/var/lib/apt/

/Library/MobileSubstrate/MobileSubstrate.dylib

その他、脱獄していると存在するディレクトリ、ファイルが存在するかをチェックすることによって脱獄しているかが判断できる。


CydiaのURLスキームが有効かを確認

cydia://

多分こんなもんだろうと思います。

また、一度脱獄を検知するとkeychainに情報が保存されている場合があるかもしれない。

keychainは、通常パスワードを保存しておくシステムなのですが、他にも色々な使い方ができます。

だいぶ前に紹介したGameloftのBAN管理はkeychainにて行われています。

もし、保存されていると入獄してもデータが残っていれば起動できなくなる可能性がある。

この記事の内容はあなたの環境で実際に動作しましたか?(使えなかった場合、コメント欄に書き込んでもらえると問題解決に役立ちます。)
  • 使えなかった...(1)
  • 使えた!(0)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする