【悪用厳禁】他人のiPhoneをハッキングしてカメラロール、アプリのデータ等を盗む、的な。(初心者向け)

ランキング参加してるのでクリックお願いします!
人気ブログランキング

これはハッキングと言っていいものなのか・・・
どちらかというと、「脱獄iPhone(OpenSSH)の危険性、」な気がしますが、まあいいでしょう。

侵入可能条件は厳しめですが、条件さえ揃っていれば途轍もなく簡単に侵入できます。
この方法で侵入成功すれば本当に何でも出来るので注意しましょう。

侵入条件

  • ターゲットのデバイス(iPhone,iPad,iPodtouch等)が脱獄されている
  • ターゲットのデバイスにOpenSSHがインストールされている
  • ターゲットのデバイスのrootのパスワードを知っている
    (デフォルトはalpineなので、それで侵入できる可能性あり)
  • ターゲットのデバイスのIPアドレスを知っている
    (もしくは知る術がある)

準備(ターゲットのデバイスが脱獄していなかった場合)

ターゲットのデバイスが脱獄されていなければ侵入できないので、どうにかして脱獄させましょう(ばれない様に)。
(デバイス単体で脱獄できるのが一番良い)

そしてOpenSSHを内緒でインストール。

Cydiaがホーム画面にあるとばれるので、何らかの方法で隠す。

と、言う方法がありますが、やってはいけません。
(ふりじゃない。)

自分が侵入するどころか、他の見知らぬハッカーに侵入される可能性があります。

侵入方法

まず、SSH接続するためのソフトが必要。
Windows用のSSHクライアントTeraTerm、コマンドプロンプト、PowerShellを使いたい人は
sshをWindowsコマンドプロンプトで実行する手順
を参照してください。

ここではPowerShellを使う方法で行きます。

1:PowerShellを起動し、以下のコマンドを打ち込む。
ssh root@ターゲットのIPアドレス」(例: ssh root@192.168.0.1)

2:パスワードの入力を求められるので、alpineもしくは設定されているrootパスワードを入力

3:好き放題覗く、弄る、遊ぶ。

簡単ですね。

ちなみに、相手のデバイスのIPアドレスさえわかれば、どれだけ離れていても接続することができます。

(接続されていても何の表示も出ないので、)侵入されている側は全く気づけません。
(ログでも見ない限り)

私はこの方法を使って昔(きちんと承諾を得て)身内のiPhoneの壁紙などを変えて遊んでいました。

怖いですね。

コッソリ侵入してバレて通報されると捕まるので注意

このように、OpenSSHは危険です。
以下の記事を読んでOpenSSHをインストールする際は気を付けましょう。

[iOS] 脱獄後のセキュリティ、大丈夫? 知らない間に「OpenSSH」が入っちゃってない? | Tools 4 Hack

この記事の内容はあなたの環境で実際に動作しましたか?
  • 使えた!(0)
  • 使えなかった...(0)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする