Netflixが使えなくなる!エラーコード「M7111-5095」が出た場合の回避方法

結論から言うと、

VPNを使用して適切な地域からの接続に偽装すればいい

です。

 

本記事では、Netflixでエラーコード「M7111-5095」が出た場合の原因と対処法を解説します。

 

エラーコード「M7111-5095」とは

Netflixで発生するエラー「M7111-5095」について、Netflixの公式ヘルプには以下のように書かれています。

お客様のアカウントは、この地域ではご利用いただけません。詳しくは、help.netflix.comをご覧ください。

このエラーは、アカウントに問題がある可能性があることを示しています。この問題を解決するには、該当するオプションに従います。

Netflixヘルプ「NetflixエラーM7111-5095」より

 

具体的な対処法についてはヘルプページには記載がありません。

 

エラーコード「M7111-5095」が発生する原因

このM7111-5095が発生するユーザーの大体は、

「トルコなどのVPNを経由して日本からの接続ではない状態でNetflixアカウントを作成し、決済の登録を行なった」

ことが原因です。

 

みなさんがよくやっているNetflixを格安で利用する方法を利用したユーザーが遭遇するエラーということですね。

 

Netflixヘルプに記載されている以下のケースです。

 

つまり、M7111-5095エラーというのは

契約した国ではNetflix使ってないじゃん、日本ではそのアカウントは使えないよ

というエラーなのです。

 

ちなみにこのエラーはPCからだろうが、スマホだろうがテレビ、FireTVだろうがどこからの接続でも発生します。

 

では、もうそのクレジットチャージ済みのアカウントは使えないのでしょうか・・・?

 

答えはノーです。

安心してください、きちんと使えるようにする方法を紹介します。

 

Netflixでエラーコード「M7111-5095」が出た場合の回避方法

Netflixアカウントを作成するとき、課金する時にVPNでトルコに住んでるように偽装したなら、Netflixを見るときもトルコから見ているように偽装すればいいのです。

iPhoneやAndroidには大量のVPNアプリがあるので、今回はFireTVでエラーコード「M7111-5095」を回避する手順を解説します。

 

FireTVには、Hola VPNという無料のVPNアプリがあります。

>>HolaVPN: #1 Free Unlimited VPN for Fire TV

 

これをFireTVにインストールして、アカウント作成時・課金時の国に設定すればOK。

ちなみに、Hola VPNはスマホ版、PC版もあるので、スマホやPCの方でもHola VPNでOKです。

 

格安Netflix利用の罠

VPNを使用して異なる国から契約することで格安でNetflixを利用できる画期的な方法がありましたが、今回のエラーのように防がれつつあります。

あまり知識のない状態で乗っかると逆に損してしまう可能性もあるので、注意しましょう。

 

管理人がオススメするお得な情報

3,000円→無料

AudibleはAmazonが出している本を聴くサービス。

作業をしながら本を読む(聴く)事が出来るので、効率良く情報のインプットが可能に。

 

11,180円→100円

今だけ、FANZAの人気動画10本(11,180円分)が、たったの100円で買える。

単品を10円で買うこともできるので、覗いてみましょう。

 

1,960円→99円980円→無料

漫画・小説・雑誌などが読み放題のKindleUnlimited。

即解約しても、期間中は利用できるので心配な方は即解約でもOK。