【危険】MissAVは違法!安全に利用する方法を解説

MissAVはアダルトコンテンツを扱うウェブサイトで、大半の動画が違法にアップロードされています。

本記事では、MissAVの違法性と安全に動画を視聴する方法を紹介します。

 

MissAVとは

MissAVはアダルト動画を主なコンテンツとするウェブサイトですが、多くの動画が無許可でアップロードされている違法性が高いオンラインプラットフォームです。

主に日本の有料販売されている動画コンテンツが無料で視聴できてしまうので、業界からは問題視されているようです。

 

MissAVは違法にアップロードされた動画が大半

MissAVのAVページには、現在でも20,000本以上のAVが違法にアップロードされており、FC2の有料コンテンツから某AV大御所まで、さまざまなジャンルを見ることが出来てしまいます。

この事実は、オンラインで動画を視聴する際の法的リスクを浮き彫りにします。

違法にアップロードされたコンテンツを視聴、またはダウンロードすることは、日本の著作権法に違反する可能性があります。
著作権侵害は罰則の対象となり得るため、利用するユーザーは自身の行動に対して十分な認識を持つことが重要です。

 

MissAVはれっきとした違法サイト

前述の通り、MissAVには違法にアップロードされた動画が大量に存在します。
このサイトの主な問題点の一つは、明白な著作権違反です。

1. 著作権違反

著作権法は、クリエイターが作成した作品(映画、音楽、本など)に対する排他的な権利を保護します。
これには、その作品のコピー、配布、公開、または改変する権利が含まれます。違法にアップロードされた動画は、これらの権利を侵害するものです。

著作権違反の具体例

  • 映画やテレビ番組の無許可アップロード: 例えば、ある映画の制作者がその映画に対するすべての権利を持っている場合、その映画を無許可でインターネット上にアップロードすることは違法です。
  • 音楽ビデオのコピー: アーティストや音楽制作会社が権利を持つ音楽ビデオを、権利所有者の許可なくアップロードする行為もまた違法です。

 

2. プライバシーの侵害

プライバシーの侵害は、特にオンラインプラットフォームにおいて深刻な問題です。動画や画像が個人の許可なく公開された場合、それはその人のプライバシー権を侵害する可能性があります。特に、個人が認識していないか、あるいは私的な状況で撮影されたコンテンツが公開されることは、重大なプライバシーの侵害となり得ます。

プライバシー侵害の具体例

  • 個人の映像や画像の無許可公開: もし個人がプライベートな状況で撮影された映像や画像が、その人の同意なくオンラインで公開される場合、それはプライバシーの侵害と見なされます。例えば、個人の自宅での私的な瞬間を捉えた映像が、その人の許可なくインターネット上に掲載されることです。

 

3. 知的財産権の侵害

知的財産権の侵害は、著作権違反とは異なり、特許、商標、デザイン、その他の創造的な作品に関連する権利の侵害を含みます。これらの権利は、創造者や権利所有者がその知的産出に対して持つ排他的な権利を保護するために存在します。

知的財産権侵害の具体例

  • 商標権の侵害: 商標権は、特定の商品やサービスを識別するためのブランド名やロゴに関連する権利です。無許可で商標を使用した商品やサービスの広告は、商標権の侵害となり得ます。例えば、有名なブランドのロゴを無許可で使用する行為です。
  • 著作権以外の創造的作品の無断使用: 特許や産業デザインに関する権利も、知的財産権の侵害の対象となります。例えば、特許を取得した技術やデザインを、権利所有者の許可なく使用することは、その権利を侵害する行為です。

 

MissAVを使うのは違法?【結論:サイト上で見るだけならグレーゾーン】

結論から話すと、現在(2023/12/16)の日本の法律ではストリーミング再生はグレーゾーンとなっています。

ダウンロードすると違法になる

著作権で保護されている動画や音楽などのコンテンツが、著作権者の許可なくインターネット上にアップロードされている場合、それを知りながらダウンロードして自分のデバイスに保存する行為は違法となります。
例えば、YouTubeには著作権者によって公式にアップロードされた動画だけでなく、無許可でアップロードされた動画もたくさんあります。これら無許可の動画をダウンロードすることは違法です。

以前は、インターネット上に違法にアップロードされたコンテンツをダウンロードすることは罰せられる対象ではありませんでした。しかし、2012年(平成24年)の著作権法の改正により、このような行為も刑罰の対象となりました。

 

違法ダウンロードの行為は、最大で2年以下の懲役または200万円以下の罰金、あるいはその両方が課される可能性があります(著作権法第119条3項)。

一方で、違法にアップロードする行為(違法アップロード)はより重い罰則が定められており、10年以下の懲役または1000万円以下の罰金、またはその両方が課されます(同法同条1項)。

要するに、インターネット上で著作権で保護されているコンテンツを無許可でアップロードするだけでなく、ダウンロードしたりする場合も、法律によって厳しく罰せられる違法行為であるということです。

 

ダウンロードしないストリーミング再生(ブラウザ上で再生)であればグレーゾーン

先ほど、ダウンロードは違法と言いましたが、ストリーミング再生については状況が少し異なります。

ストリーミングでは、コンテンツは一時的にデバイスに保存されるものの、恒久的なダウンロードとはみなされません。

このため、単にストリーミングで動画を視聴すること自体は著作権を侵害するとは通常言えないとされています。
実際、政府広報オンラインでは、ストリーミングによる単なる視聴は罪にはならないとの立場を示しています。

 

違法サイトであるMissAVを使うリスク

視聴するだけでは違法にはならないことが分かりましたが、法律だけが問題ではありません。

違法視聴動画サイトを利用する場合は、以下のようなリスクを孕んでいます。

違法視聴動画サイトの利用には、法律的な問題だけでなく、いくつかの重要なリスクが伴います。ここでは、違法サイト「MissAV」の利用における具体的なリスクを挙げてみましょう。

1. セキュリティリスク

違法サイトは、セキュリティが不十分な場合が多く、ウイルスやマルウェアの感染源となることがあります。

これらの悪意あるプログラムに感染すると、パソコンやスマートフォンが故障したり、個人情報が盗まれたりする危険性があります。

2. 法的リスク

違法コンテンツの視聴は、法律違反には直接該当しない場合が多いですが、これらのサイトを利用すること自体が違法行為とみなされる可能性があります。また、違法サイトの利用が原因で法的なトラブルに巻き込まれることも考えられます。

3. 個人情報の漏洩

違法サイトはしばしば、利用者の個人情報を不正に収集することがあります。これにより、名前、メールアドレス、クレジットカード情報などが漏洩する危険があります。

4. 倫理的・道徳的問題

違法サイトを利用することは、著作権者の権利を侵害する行為であり、クリエイターの労力を無視することにも繋がります。倫理的、道徳的な観点からも問題があると言えます。

 

違法サイトのリスクを避けたい場合の選択肢

先ほど紹介した通り、違法サイトを利用する場合、自分のPC・スマホが使えなくなったり、使い方によっては逮捕されてしまう場合があります。

それらのリスクを避けたい場合の対処法として、AVが見放題の動画サービス「U-NEXT」のアダルト版「H-NEXT」が存在します。

H-NEXTはU-NEXTの会員であれば同じく使い放題(見放題)なので、初月無料キャンペーン+ポイントを受け取ることが出来ます。

 

手順としては、以下のリンクからU-NEXTに登録し、

<<U-NEXTに登録して初月無料を受け取る>>

H-NEXT(https://video.hnext.jp/)へアクセスするだけ。

 

管理人がオススメするお得な情報

3,000円→無料

AudibleはAmazonが出している本を聴くサービス。

作業をしながら本を読む(聴く)事が出来るので、効率良く情報のインプットが可能に。

 

11,180円→100円

今だけ、FANZAの人気動画10本(11,180円分)が、たったの100円で買える。

単品を10円で買うこともできるので、覗いてみましょう。

 

1,960円→99円980円→無料

漫画・小説・雑誌などが読み放題のKindleUnlimited。

即解約しても、期間中は利用できるので心配な方は即解約でもOK。