【グランブルーファンタジー】バトル周回自動化ソフト「Zooey Bot」の紹介と使い方

以前紹介したグラブルのポーカー自動ソフト「Poker-bot」を作った人が作ったソフトです。
【グランブルーファンタジー】カジノポーカー自動化ツール ポーカーマクロ (Cracked) カジノチート – 気まぐれ情報局

シェアウェアで、7時間の試用期間があります。
(最後まで読むと無料で半永久的に使う方法が記載されています。)



ZooeyBotのダウンロード方法

まず、ZooeyBotを使うにはアカウントの登録が必要です。

◆アカウントの登録方法

1:まず、アカウントの登録にはシリアルコードが必要です。ココからコードジェネレーターをダウンロードして起動し、生成されたコードをコピーしてください。

2:コピーできたら、アカウント登録ページへアクセスし、先ほどコピーしたコード、メールアドレス、パスワード(6文字以上、大小一文字以上は必ず入っていないとダメ)を入力。
入力ができたら「Register」をクリックしてアカウントの登録が完了します。

3:ソフトをココからダウンロードします。(アンチウイルスを入れてる人は引っ掛かるかも。)
(もしくはコチラhttp://poker-bot.azurewebsites.net/ZooeyBot/ja/Manage)



ZooeyBotの起動方法と使い方

1:ダウンロードしたzipファイルを好きな場所に解凍し、ZooeyBot.exeを起動します。
起動すると、keyファイルがないと言われるので、ココからキーファイルをダウンロードしてZooeyBot.exeと同じ場所に保存します。

2:keyファイルの保存後、アカウント管理ページにアクセスしてフリートライアルをアクティブにしてください。

3:アクティブにしたら、次にchrome://extensions/へアクセスします。
デベロッパーモードにチェックを入れ、「パッケージ化されていない拡張機能を読み込む…」をクリックします。

フォルダー参照ウィンドウが表示されるので、zooey-botフォルダ内の「zooey-bot-extension」を選択してOKをクリックします。

これで準備が1/2終わりました。(長い・・・?)



ソフトのコンフィグ(設定)

ZooeyBot.exeの設定は「ZooeyBot.ini」に保存されています。
適当なテキストエディタで開きましょう。

項目が多いので、ここでは重要な部分だけを抜粋します。

[General]
Language : グラブル内の設定言語(英語:en、日本語:jp)

[Summons]
PreferredSummons : サポーター召喚石の設定

[Combat]
ReloadPageOnLastBattle : ラストステージでリロードするか(待ち時間省略)
LuaScript : 実行するLuaスクリプトのファイルパス

[EventMode]
Enabled : イベントモードが有効かどうか
EventRaidUrl : クエストのURL(サポーター召喚石選択時のURL)
EventRaidScript:イベントモード時に実行するLuaスクリプトのファイルパス
NightmareModeScript : ナイトメアモード時に実行する(ry

ほかにも色々設定できるので、やる気が出た時に追記します。



Luaスクリプトの書き方

プログラミングの分野です。

少しかじっている人はわかると思います。

例?

◆自分のキャラクタデータへのアクセス

characters[“アルベール”] : アルベール
characters[“アルベール”].name : アルベールのUnicode文字列を返します(string)
characters[“アルベール”].skill_1_available : アルベールの1つ目のスキルが使用可能かどうかを返します(true,false)
characters[“アルベール”].skill_4_available :  アルベールの4つ目のスキルが使用可能かどうかを返します(true,false)
characters[“アルベール”].hp : アルベールの残りHP(integer)
characters[“アルベール”].max_hp : アルベールの最大HP(integer)
characters[“アルベール”].charge_gauge : アルベールの奥義のチャージゲージ(integer)
characters[“アルベール”].is_alive : アルベールが生存しているかどうか(true,false)

character_1 : 左から1つめのキャラクター
character_4 : 左から4つめのキャラクター

◆スキルを使う

character_1:UseSkill(1) : 左から1つめのキャラクターの左から1つめのスキルを使用
character_1:UseSkill(4) : 左から1つめのキャラクターの左から4つめのスキルを使用

◆召喚石の使用

Summon(1) : 左から1つめの召喚石を使用
Summon(5) : 左から5つめの召喚石を使用

◆敵ステータスへのアクセス

enemy_1.name : 敵1体目の名前を返します(string)
enemy_1.hp : 敵1体目の残りHPを返します
enemy_1.max_hp : 敵1体目の最大HPを返します
enemy_1.charge_diamonds :チャージターン(♢)の個数
enemy_1.is_alive : 敵1体目が生存しているか
enemy_1.break_state : 敵1体目がブレイクしているか
enemy_1.overdrive_state : 敵1体目がオーバードライブしているか

作者さんがスクリプトの例をアップロードしているので、それを使用してもいいかもしれません。
http://github.com/Masuzu/ZooeyBot/tree/master/Scripts

プログラミングが出来ない方の為にリクエストページを設けました。




ZooeyBotを使用する前にするグラブル側の設定

設定を開きましょう。
以下のように設定してください

1:PCブラウザ版設定

2:ゲーム設定>各種設定

ZooeyBotの使用方法

ZooeyBot.iniの設定が出来たら、Chromeでグラブルを開いて画面にグラブルを表示している状態で「ZooeyBot.exe」を起動しましょう。

このように表示がでたら右上のZooeyBotをクリックして「Start」をクリックします。

すると、クエストメニューに行けと表示されるので、「クエスト」を押してクエストメニューに行きましょう。

今回は例としてエンジェルヘイローを徘徊する手順を説明します。
「Please select either favorite quests or special quests」と表示されたら「エクストラ」をクリック

「エンジェルヘイロー」をクリック

好きな難易度を選択します

あとは、勝手にやってくれると思います。

ではお疲れさまでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする