イワベンケイ属(Rhodiola)の効果や副作用、1日の摂取量を詳しく解説

time, transience, chronos
P○rnhubからTwitter動画ランキングまで、エ○動画を無料で見まくれるアプリが登場!
消される前にインストールするべし!

関連記事

Yealicoは漫画を読むことができますが、それの動画版のイメージです。TikTokのようにスクロールで半無限に動画を視聴できます。 [ad_dis_top]TikTokのように快適に動画を見まくれるT[…]

 

 

本記事では、イワベンケイ属(Rhodiola/ロディオラ)の効果や副作用、1日の摂取量などについて詳しく解説します。

まず、イワベンケイ属(Rhodiola)がどのような効果を持ち、どのような症状に効果的なのかについて解説します。
また、副作用や注意点についても説明します。

さらに、1日に摂取すべき適切な量や摂取のタイミングについても解説します。

 

本記事を読むことで、イワベンケイ属(Rhodiola)を安全に効果的に利用するための情報を得ることができます。

 

イワベンケイ属(Rhodiola)とは

assorted labeled bottle on display shelf

イワベンケイ属(Rhodiola)は、北半球に分布する多年草の属で、キク科に属しています。

代表的な種類に、Rhodiola roseaやRhodiola crenulataなどがあります。

この植物は、伝統的に健康維持やストレスの緩和などの目的で使用されてきました。

また、最近の研究では、この植物には様々な生理活性物質が含まれていることが明らかになっており、健康に対する様々な効果が期待されています。

 

イワベンケイ属(Rhodiola)の定義と分類

イワベンケイ属(Rhodiola)は、多年草の植物であり、クマツヅラ科に属しています。

世界中の高山地帯に自生しており、ロシア、中国、北欧、北アメリカなどの地域で見られます。

イワベンケイ属には多数の種が存在し、そのうちの数種が伝統的に薬用として使用されてきました。代表的な種には、Rhodiola rosea、Rhodiola crenulata、Rhodiola imbricataなどがあります。

 

イワベンケイ属(Rhodiola)の栄養成分や成分効果

イワベンケイ属(Rhodiola)は、抗酸化物質やアダプトゲンとして知られ、健康に多くの利益をもたらすとされています。

イワベンケイ属の主要な栄養成分は、ロジオリン、ロジン、サリドロシドなどのフェノール化合物です。

これらのフェノール化合物には、ストレス耐性の向上、疲労回復、脳機能の改善、免疫機能の向上、抗炎症作用などがあるとされています。

さらに、イワベンケイ属には、チロシン、トリプトファン、アルギニン、カルシウム、マグネシウム、亜鉛などの成分も含まれており、これらの成分も健康に役立つとされています。

イワベンケイ属(Rhodiola)の成分効果には、精神疲労やストレスに対する抵抗力の向上、記憶力の向上、疲労回復、免疫力の向上、炎症の抑制、心臓機能の改善、血糖値の正常化、アンチエイジング効果などが含まれています。

また、イワベンケイ属は、ダイエットや筋力トレーニングにも効果的であるとされています。

 

イワベンケイ属(Rhodiola)の効果

meditation, spiritual, yoga

イワベンケイ属(Rhodiola)は、主に以下のような効果が期待できます。

免疫力の向上

イワベンケイ属(Rhodiola)には、免疫力を高める効果があります。

また、疲労回復や抗酸化作用、血糖値を下げる効果などがあるとされています。

これらの効果は、イワベンケイ属(Rhodiola)に含まれる成分の働きによるものです。

 

ストレスの緩和

イワベンケイ属(Rhodiola)には、ストレスに対する効果があるとされています。

ストレスには、身体的ストレスと心理的ストレスがありますが、イワベンケイ属(Rhodiola)は特に心理的ストレスに対して有効とされています。

イワベンケイ属(Rhodiola)に含まれる成分が、ストレスホルモンであるコルチゾールの分泌を抑制し、神経系を安定させる作用があるためです。

 

イワベンケイ属(Rhodiola)の副作用について

abstract painting

イワベンケイ属(Rhodiola)には健康に役立つ効果がある一方、過剰摂取や使用方法によっては副作用が現れることがあります。

イワベンケイ属(Rhodiola)の副作用と注意点

イワベンケイ属(Rhodiola)は、一般的に安全であり、健康増進やストレス緩和に役立つ成分が含まれています。しかし、以下のような副作用が現れることがあります。

  • 眠気や嗜眠、頭痛、めまい、消化不良、口渇などの副作用が現れることがある。
  • 高用量で摂取すると、動悸、不眠、神経興奮などの症状が現れることがある。
  • イワベンケイ属(Rhodiola)に含まれる成分が薬剤と相互作用することがあり、効果を強めたり、副作用が現れることがある。

 

イワベンケイ属(Rhodiola)と薬の併用についての注意点

イワベンケイ属(Rhodiola)に含まれる成分が、抗うつ薬や抗不安薬、抗痙攣薬などと相互作用することがあります。

そのため、これらの薬を使用している場合は、イワベンケイ属(Rhodiola)の摂取前に医師に相談することが重要です。

 

イワベンケイ属(Rhodiola)の1日の摂取量について

person holding red bottle

イワベンケイ属(Rhodiola)は、健康効果が期待できるとされ、健康食品として市販されています。

しかし、適切な摂取量や摂取方法については、十分に理解されているわけではありません。

 

イワベンケイ属(Rhodiola)の1日の推奨摂取量

イワベンケイ属(Rhodiola)の1日の推奨摂取量は、一般的に200〜600mg程度とされています。

ただし、イワベンケイ属(Rhodiola)の商品によっては、1日あたり100mg以下のものもあります。

また、効果的な摂取量は、年齢や体重、健康状態などによって異なるため、個人差があります。

 

イワベンケイ属(Rhodiola)の健康食品としての使用に関して、厚生労働省は、摂取量については特に規定しておらず、メーカー側の責任に委ねられています。

しかし、健康食品に含まれる成分は、高用量になると健康被害を引き起こすことがあるため、注意が必要です。

 

ワベンケイ属(Rhodiola)の効果的な摂取方法

摂取タイミングについては、イワベンケイ属(Rhodiola)がエネルギーを高める効果があるため、就寝前に摂取すると眠りにくくなる可能性があるため、朝食前や昼食前など、目覚めたときや疲れを感じたときに摂取することをおすすめします。

また、イワベンケイ属(Rhodiola)は脳機能に良い影響を与えるとされているため、精神的なストレスが多いときや、仕事や勉強の前に摂取すると効果的とされています。

 

一般的には朝食前や昼食前など、目覚めたときや疲れを感じたときに摂取することをおすすめします。

 

イワベンケイ属(Rhodiola)の製品の種類と選び方

assorted labeled bottle on display shelf

イワベンケイ属(Rhodiola)の製品には、以下のような種類があります。

  • イワベンケイ属(Rhodiola)の根から抽出されたエキス
  • イワベンケイ属(Rhodiola)の葉から抽出されたエキス
  • イワベンケイ属(Rhodiola)を含む複数の植物から作られたサプリメント

それぞれの種類によって、含まれる成分や効果に違いがあります。

根から抽出されたエキスは、一般的にイワベンケイ属(Rhodiola)の主要成分であるロジオリンやサリジンなどの含有量が多く、ストレスや疲れに対する効果が高いとされています

一方、葉から抽出されたエキスは、フェノール酸類やフラボノイドなどの含有量が多く、免疫力の向上や抗酸化作用に優れているとされています。

 

イワベンケイ属(Rhodiola)のおすすめサプリ

基本的にはサプリメントで摂取するのがお勧めです。

以下におすすめのイワベンケイ属(Rhodiola)サプリをまとめています。

コスパ的にはSolaray, スーパーイワベンケイ根エキスが1錠あたり500mg入っているのにも関わらず、¥39/錠と他と比べて安めなのでおすすめです。

商品1回分の値値段
NOW Foods, イワベンケイ属(Rhodiola)500mg¥2,875(¥47/錠)
Thorne, イワベンケイ100mg¥2,204(¥36/錠)
California Gold Nutrition, Rhodiola Extract500mg¥2,617(¥43/錠)
Life Extension, イワベンケイエキス、250mg250mg¥2,108(¥35/錠)
Solaray, スーパーイワベンケイ根エキス500mg¥2,351(¥39/錠)
Swanson, イワベンケイエキス350mg¥1,770(¥29/錠)

管理人がオススメするお得な情報

1,000円→無料

登録時にもらえる1000円分のポイントで毎日オリパが引ける。

課金するとさらにお得な損しないオリパも引けるので激アツ!!

 

3,000円→無料

AudibleはAmazonが出している本を聴くサービス。

作業をしながら本を読む(聴く)事が出来るので、効率良く情報のインプットが可能に。

 

1,960円→無料

漫画・小説・雑誌などが読み放題のKindleUnlimited。

即解約しても、期間中は利用できるので心配な方は即解約でもOK。