【改造入門チュートリアル】新:AppStoreで配布されているipaファイルを保存する方法

準備するもの

  • PC
  • AppleID
  • iTunes v12.6.4.3

 

iTunesでダウンロードしたアプリは全てipaファイルでPC内に保存されています。

他デバイスで使用する場合、Clutchする必要がありますが、この記事では紹介していません。

 

過去にここのページで「AppStoreで配布されているipaファイルを保存する方法」を書いていましたが、iTunesのアップデートによってAppStore機能がiTunesから削除されてしまったため、ipaファイルを保存することが困難となっていました。

 

ですが、こっそりとリリースされていたiTunes v12.6.4.3を使えば再び前回と同じようにipaファイルをPCから保存できるようになります。

 

 

iTunes v12.6.4.3のダウンロード

ダウンロード64bit版

ダウンロード32bit版

Mac

 

手順

まず、上記リンクよりv12.6.4.3のiTunesをダウンロードしてインストールしてください。

最新のバージョンをインストールしてしまっている方は一度iTunesをアンインストールしてから再度v12.6.4.3のiTunesをインストールしてください。

 

ここで、v12.6.4.3より新しいバージョンのiTunesをインストールしてしまっていた場合、起動時に「ファイル[iTunes Library.itl]は新しいバージョンのiTunesで作成されているため、読み込めません。」と表示される場合があります。

 

そのような場合は、「iTunes Library.itl」を削除してあげればこの問題は解決します。

 

「iTunes Library.itl」はC:\ユーザー[ユーザー名]\Music(ミュージック)\iTunes内にあります。

削除するか、「iTunes Library.itl.bak」等にリネームしてあげましょう。

iTunesが起動出来たら、メニューをクリックします。

まだここにAppはありません。

 

メニューを編集」をクリックします。

Appにチェックを入れて「終了」をクリックします。

 

すると、メニューにAppが表示されるようになりました。

 

Appを開くと今までと同じようにAppStoreが表示されます。

 

 

ipaファイルを保存したいアプリをダウンロード。

 

ライブラリ」をクリックして一覧を表示します。

 

 

適当なアプリの上で右クリックして「Windowsエクスプローラーで表示」をクリックすると、ダウンロードしたipaファイルが表示されます。

 

きちんと保存されていますね。

 

 

お疲れさまでした。