【1文字でクラッシュ!】IndianUnicodeによって起こったiPhoneのクラッシュの対処/事前対策法まとめ&IndianUnicode対策Tweak紹介

今回のバグは前回紹介したChaiOSよりもとても強力で危険です。

https://9ketsuki.info/how-to-fix-indian-unicode-bug/

 

今回はそのIndianUnicodeによってクラッシュ/りんごループに陥った場合の対処法について紹介します。


心得ておくこと&事前対策法

まず、りんごループにならないようにするには、iPhoneがクラッシュしても必ず自分で強制再起動を行わないでください。

強制再起動を行った場合、りんごループになります。

 

りんごループになった場合はiPhoneを復元するしか手はありません。

真っ暗な画面になったとしても自動的にデバイスが再起動するのを待ちましょう。


事前対策

このバグの一番怖いのは通知でクラッシュする所です。

通知でクラッシュしないようにするには以下のように設定を行います。

 

[設定]→[通知]→[プレビューを表示]

IndianUnicodeが送られてきてもロックを解除してスムーズにトークを削除できます。

 


メッセージでIndianUnicode文字を送られた場合

通知でクラッシュする

ロック画面からカメラを開き、一枚写真を撮ります。

左下の撮った写真を開き、右上の「すべての写真」をタップし、パスコードを入力します。

設定アプリに切り替えてメッセージの通知をオフにすれば完了です。

 

 

アプリを開くとクラッシュする

siriを起動

IndianUnicodeを送信してきた人宛になにかメッセージを送るように言う

メッセージを起動してトークを削除

 


LINEでIndianUnicode文字を送られた場合

通知でクラッシュする

ロック画面からカメラを開き、一枚写真を撮ります。

左下の撮った写真を開き、右上の「すべての写真」をタップし、パスコードを入力します。

設定アプリに切り替えてLINEの通知をオフにすれば完了です。

 

 

アプリを開くとクラッシュする

PCがあるのならPCのLINEを使用してIndianUnicodeが含まれているチャットを開いて適当な文字(またはスタンプ)を適当なだけ入力。

iPhoneでLINEを起動

先ほどのトークを削除(IndianUnicodeが読み込まれないくらいスタンプ等を送っていれば削除する必要はない)

 

PCがない場合は

友達にIndianUnicodeを含んでいるトークが読み込まれないくらいまでグループまたはトークルームを作成してもらう。

というのがいいと思います。

 

友達がいない方は・・・。

iOS11.3がリリースされるのを待ちましょう。

 

 

ほかのアプリでも同じです。

 

 


IndianUnicode対策Tweak

脱獄デバイスのみ使えるIndianUnicodeバグを回避するTweakが登場しています。

このアプリはIndianUnicodeを空白文字に置き換えてくれます。

 

IndianUnicodeの影響を受ける全てのデバイスに互換性があるらしいです。

 

ダウンロード