フォーラムにアクセスする!

【ドラゴンボール レジェンズ】[Android]チート方法 – v1.7.0

ドラゴンボール レジェンズ

この記事で紹介されているドラゴンボール レジェンズのチート内容

v1

  • 敵1対のみ
  • サブクエストクリア(イベント・ストーリー)

v2

  • 簡単勝利(要root)
  • サブクエストクリア(イベント・ストーリー)
  • PVPでも有効

対象アプリ名:ドラゴンボール レジェンズ

対応バージョン:1.7.0

Storeリンク:PlayStoreへ

root化:非root/要root

アプリ説明:

全世界待望の「ドラゴンボール」スマートフォンアプリ新作がついに登場!
3Dグラフィックスとバトル中フルボイスの超ハイクオリティ仕様!
全世界のライバル達と対戦を楽しもう!

ワンフィンガーカードアクションバトル
・指一本で操作可能な簡単バトル!
・コンボも必殺技もワンタップで炸裂

全世界対戦
・全世界のユーザーを相手にリアルタイム対戦が可能!
・自ら育て上げたキャラクターを駆使し、他プレイヤーを圧倒しよう

オリジナルストーリー
・ゲームの主人公は鳥山明先生描きおろしのオリジナルキャラクター!
・悟空たちの新たな冒険をともに体験しよう

【動作環境、その他お問い合わせ】
https://bnfaq.channel.or.jp/contact/faq_list/1925

※このアプリは、必ず上記リンク先に記載の動作環境でご利用ください。なお、動作環境でご利用の場合でも、お客様のご利用状況や機種特有の要因により、アプリが正常に動作しないことがあります。

©バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

[PlayStoreより引用]

root化が必要だけど、root化している端末をもっていない方、またはAndroidの端末をもっていないという方は以下の方法を使うことでroot化必須のアプリを使うことができます。

チート改造apkの導入方法

0: 野良アプリのインストールを許可していない方は許可する。

野良アプリをインストールする方法

設定アプリを開いて、「セキュリティー」をタップ。

デバイス管理の欄にある「提供元不明のアプリ」にチェックを入れる。

これでGooglePlayStoreで公開されていないアプリもインストールすることができるようになりました。

野良アプリの危険性については以下の記事をお読みください。

チートapk導入の続き

1: 下記のダウンロードリンクから改造apkファイルをダウンロードしてくる。

2: apkファイルを開いてインストールする。

このアプリケーションをインストールしてもよろしいですか?

と聞かれたら、「インストール」をタップ。

インストールに成功すれば完了!

OBBファイルの使い方

  1. OBBファイルをダウンロードしてくる。

  2. OBBファイルを内部ストレージ>Android>obb>内へ移動またはコピーする。

  3. 導入完了!

OBBファイル(フォルダ)は「com.~~~」という名前です。

もし、名前が正しくない場合はリネームしてあげる必要があります。

ドラゴンボール レジェンズのチートファイルをダウンロード

ダウンロード(v1)

ダウンロード(v2)

↓最後にワンクリックだけお願いします!↓


人気ブログランキング
この記事の内容はあなたの環境で実際に動作しましたか?(使えなかった場合、コメント欄に書き込んでもらえると問題解決に役立ちます。)
  • 使えなかった...(14)
  • 使えた!(1)
0

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

『【ドラゴンボール レジェンズ】[Android]チート方法 – v1.7.0』へのコメント

  1. 名前:気まぐれ 投稿日:2018/06/10(日) 01:55:54 ID:248f428ab 返信

    ダンジョンメーカーを無料でできるようにしてほしい

    0
  2. 名前:匿名 投稿日:2018/06/11(月) 13:40:46 ID:c9b092e97 返信

    ファイルをDLしてインストールしたあとはどうすればいいですか?

    0
  3. 名前:匿名 投稿日:2018/06/12(火) 06:18:13 ID:edec3a673 返信

    チュートリアルがクリア出来ません

    0
  4. 名前:匿名 投稿日:2018/06/15(金) 23:17:05 ID:4cf4f63e0 返信

    非Rootでもv2 簡単勝利は有効ですね!Root化は必要ないかもしれません。

    0