フォーラムにアクセスする!

【非脱獄デバイスもOK】iPhoneの通信を傍受、改竄、ブロックする方法!

この記事の内容が最新で無い場合はコチラで新しい記事が出ていないか確認してみて下さい。

未分類

前回、このような記事を出しました。

この記事で使用したツール「Charles」を使えば脱獄していないiPhoneの通信も覗くことができます。

覗くだけでなく、通信内容を置き換え(すり替え)たり出来るので、アプリを騙して違う動作をさせることも可能です。

アプリによってはチートが可能になります。

Charlesのインストール

下記のリンク先よりCharlesのインストーラをダウンロード、インストールする。

Charlesをダウンロード[icon name=”external-link” class=”” unprefixed_class=””]

iOSデバイスの準備

1:iPhoneの「設定アプリ」を起動してWiFi>自分が今つないでいるWiFiの右にある「>」マークをタップする

2:下のほうにスクロールしてProxyの設定を「手動」に変更する

以下のように入力する

サーバー:自分のPCのローカルIPアドレス

ポート:8888

SSL証明書の設定

別にSSL通信の内容を覗いたり書き換えたりする必要がないのなら設定する必要はありませんが、現代のサーバーはほとんどSSLになっている為、設定しておいた方がいいでしょう。

覗かれる側のデバイス(iPhone等)で以下のリンクを開きます。

すると、プロファイルをインストールするか聞かれるので、インストールしてください。

Charles側でもSSL Proxyの設定をする必要があります。

Proxy>SSL Proxy Settings…

設定が表示されるので、「Add」をクリック。

アスタリスク(*)をHost欄に入力し、OKを押してください。

もう一度OKをクリックします。

すると、iPhoneのSSL通信も覗けるようになっているはずです。

よく調べてないし今思いついただけなのですが、着せ替えの内容を置き換えることで脱獄なしで有料着せ替えを無料で使えるようになるかもしれませんね。

通信内容の改竄(置き換え)方法

置き換えたい通信の部分を右クリックすると、下のほうに「Map Remote…」と「Map Local…」があります。

Map Remote…はURLを指定することで受信するはずのファイルを指定したファイルに置き換えてデバイスに受信させることができます。

Map Local…は自分のPCにあるファイルを指定して置き換えることができます。

↓ワンクリックだけお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
この記事の内容はあなたの環境で実際に動作しましたか?(使えなかった場合、コメント欄に書き込んでもらえると問題解決に役立ちます。)
  • 使えた!(0)
  • 使えなかった...(0)