注目キーワード
  1. Music FM
  2. 漫画
  3. Yealico

Niktokとは?漫画バンクと何が違うかを徹底解説!

漫画バンクが登場する前から存在していたNiktok。

本記事ではそんなNiktokと漫画バンクの違いについて解説しています。

 

Niktokとは?漫画バンクと何が違うかを徹底解説!

漫画バンクよりも昔から存在していたNiktok。

今では漫画バンクは知っているのにNiktokは知らないという方も少なくないのではないでしょうか。

 

Niktokとは

漫画バンクやDigiCocaの姉妹サイトの一つで、大量に漫画がアップロードされているサイトとなっています。

本記事ではそんなNiktokと大人気サイトの漫画バンクの違いについて詳しく解説しています。

 

NiktokがStandardbookに移転

実は、Niktokはいつの間にかStandardbookへとサイト名を変え、サイトのURLも変えていました。

しかし、サイトの中身(漫画の数やデザイン等)は以前のNiktokの時とさほど変わっておらず、何のために変えたのかよくわからない感じです。

(というか、漫画バンクやNiktok、DigiCocaはサイト名やURLがよく変わりますが何が目的かよくわかっていません。)

 

Niktokと漫画バンクの違いは?

結論から言ってしまうと、アップロードされている漫画の数とサイトの年齢です。

私が調査した限りでは、Niktok(Standardbook)と漫画バンクは以下のような違いがあります。

  • 読める漫画の数は漫画バンクの方が多い
  • サイトは2018年から存在する
  • 使いづらい!!!!!!!!

これらについて、もう少し掘り下げて解説していきます。

 

読める漫画の数は漫画バンクの方が多い

漫画バンクと比べるとNiktokで読める漫画はかなり少ないです。

しかも、Niktokにある漫画は私の調査した限りでは100%漫画バンクにも存在します。

 

逆に、漫画バンクにはあるのにNiktokにはない漫画があるので、Niktokが存在する意味はあるのか・・・。

と、調査してる最中に思ったりも・・・笑

 

サイトは2018年から存在する

Niktokに一番最初に作成された漫画ページは2018年の7月に作成されていました。

それに対し、漫画バンクに一番最初に作成された漫画ページは2019年の6月です。

ほぼ1年の差があるのに、Niktokより漫画バンクの方がコンテンツ数も多く、ユーザーも多いですね。

 

ユーザーが多いのは漫画バンクという直感的なサイト名とコンテンツ数のおかげだと思います。

 

Niktokはマジで使いづらい。

漫画バンクは裏技を使えば漫画の一覧も見ることができますし、サイト内で検索もできます。

漫画バンクもNiktokと同じでデフォルトの検索はGoogle検索となっているのですが、私が紹介している方法を使うことでサイト内検索が行えます。

Google検索よりも遥かに使いやすいので、まだ知らない方は試してみてください。

関連記事

漫画バンク(漫画BANK)の漫画をGoogleではなく、"漫画バンク上で"検索する方法を発見したので紹介します。   基本的に漫画バンクのシステム上、検索ボックスから検索してもGoogle経由でなぜか検索されてしまいま[…]

 

そんな有能漫画バンクに対し、Niktokはサイト内検索もできなければ、漫画一覧も見ることができません。

一体何のために存在しているのでしょうか・・・?

 

まとめ

サイトの質的に言うと

Niktok<<<<<漫画バンク

という事ですね。

関連記事

9ketsuki 今回は漫画バンクの漫画をiPhoneアプリで読む方法を解説する! ウイルス対策にもなるので安心安全だ!!   [ad_dis_top]   漫画バンクをアプリで読む方[…]

最新情報を見逃すな!
更新通知を受け取る
ブログランキング・にほんブログ村へ
あなたにオススメ