注目キーワード
  1. Music FM
  2. 漫画
  3. Yealico

【緊急】漫画バンク(漫画BANK)は閉鎖しました。集英社が原因か

漫画バンクが復活しました。

関連記事

どうやら閉鎖したと話題になっていた漫画バンク(漫画BANK)ですが、サイト名とドメイン名を変更して復活した模様です。   [ad_dis_top] 漫画バンクが復活!新しいサイト名はCombay(漫画ベイ)だ! […]

 

漫画バンクへアクセスすると以下のようなメッセージが表示されます。

「漫画BANK」サイト閉鎖のお知らせ
サーバーの維持費用の都合で、このウェブサイトは閉鎖されました。
平素は格別なご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

 

漫画バンク(漫画BANK)は閉鎖しました。

漫画バンクへアクセスしようとすると、「https://www.2l7.net/」というドメインのサイトへリダイレクトされるようになっています。

その先には、「漫画BANK」サイト閉鎖のお知らせと閉鎖した旨のメッセージが記載されています。

 

原因は集英社か?

閉鎖メッセージには、サーバーの維持費用の都合と記載されていますが、漫画バンクは月間8100万以上のアクセスが行われていました。

そんな中、広告も掲載していたのにも関わらずサーバーの維持費用の都合というのは中々厳しいものがあります。

 

集英社が漫画バンクを訴える準備をしているらしく、それによって閉鎖した可能性が高いです。

GIGAZINE

週刊少年ジャンプの発行などで知られている集英社が、著作権侵害の疑いがある人物を特定して起訴するため、Googleと大手I…

 

因みに、姉妹サイトも閉鎖。

漫画バンクの姉妹サイトであるBLサイト「Flyly」も今回の騒動で閉鎖した模様。

アクセスすると、漫画バンクと同じURL「https://www.2l7.net/」へリダイレクトされ、同じメッセージが表示されるようになっています。

 

復活する可能性は?

今回の集英社は本気です。

Cloudflareに情報の開示を求め、さらにGoogleやHurricane Electricに対する情報の請求にまで踏み切っています。

ここで逃げ切ったとしても更に新しい海賊版サイトを作成・運営するとは思えません。

 

漫画バンクを利用した人は逮捕される?

結論から言うと、される可能性は極めて低いです。

 

海賊版サイト自体は違法ですが、サイトの閲覧のみであれば違法にはならないからです。
画像のダウンロード等をしてしまうと違法になります。

 

そもそも、嘘か本当かは分かりませんが、漫画バンクのプライバシーポリシーには以下のように記載されています。

お客様の個人情報の保障、保護に力尽くしています。

つまりは:

弊社の商品とサービスを使用する際に、ユーザー登録をする必要はありません。
お客様の行動履歴は記録されることはありません。
弊社はお客様のIPアドレスを記録しません。

まあ、どちらにせよ利用者が莫大な数なので極めて低いですね。

 

まあ強いて言うのであれば漫画バンクにも記載されていましたが

iPhone、iPad、iPod touch で Safari から閲覧履歴と Cookie を消去する
Chrome の閲覧履歴を削除する

をしておくくらいですね。

必要ないと思いますが。

最新情報を見逃すな!
更新通知を受け取る
ブログランキング・にほんブログ村へ
あなたにオススメ