【ブロッキング対策】スマホ/iPhoneのDNSをGoogleに変更する方法

スマホ/iPhoneのDNSをGoogleに変更する方法

今回は最近話題になっているブロッキングを回避する為に、DNSを変更する方法を紹介します。

そもそも、ブロッキングって何?

ブロッキングとは、インターネットの出入り口を監視し、特定のアクセス先への接続を遮断するものです。

例えば、youtubeに対してブロッキングが行われると、youtubeへアクセスできなくなってしまいます。

 

今回は、そのブロッキングの手段の一つ、「DNSブロッキング」の回避方法を紹介します。

iPhone/iPad/iPodtouchの方のDNSブロッキング回避手順

 

1:設定を開く

 

2:Wi-Fiを開いて( i )をタップ

 

4:[DNSを構成]をタップ

 

5:「手動」を選択して[サーバを追加]をタップ

 

 

7:もし、デフォルトでDNSが追加されていたらそれを削除して、GoogleのDNSを入力

8.8.8.8
または
8.8.4.4

を入力し、右上の[保存]をタップ。

 

これで完了です!

Androidの方のDNSブロッキング回避手順

今現在手元にAndroid端末が無いのでAndroidエミュレータ「NoxPlayer」を使って説明します。

 

1:設定を開いて[Wi-Fi]をタップ。

 

2:接続しているWi-Fiを長押しして[ネットワークを変更]をタップ。

 

3:[詳細オプションを表示]にチェックを入れて[IP設定]を「静的」に変更します。

 

4:DNSの部分をGoogleのDNSに書き換えて保存をタップ。

8.8.8.8
または
8.8.4.4


ちなみに、DNS1の欄を空にすると自動的に8.8.8.8と入力されます。

 

完了です!

 

 

お疲れ様でした。