使用ツール

【iGameGuardian】有料版iGGを無料で使う方法

この方法はMACアドレスを変更します

 

 

この記事の内容を実行し、不具合等が起こっても当サイトは一切責任を負いません。

自己責任で実行してください

 

 

皆さんはiGameGuardianに有料版があることをしっていますか?

 

有料版iGGは3.0USDで購入できます。

有料版では、サーチで検索して出てきたアドレスを覚えることなく、Memoryで検索(自動入力)出来たりと、色々と便利です

 

 

iGGの有料版を無料で・・・

iGG6を皆さんは無料で入れたことがあるかもしれません

 

ただ、多分通常以上に重たくなったり、検索がうまくできなかったりしたとおもいます

 

さて、じゃあどうするか。

 

iGGはMACアドレスを見てライセンス購入者かを判断します

つまり、MACアドレスを変更してしまえばいいのです

 

 

また、今回導入するのはiGameGuardian6.0ではなくiGameGuardian5です
最新版を使いたい人はきちんと正規版を購入してくださいね^^

 

今回はわたしが用意したiGameGuardianのdebファイルを使ってください

 

ダウンロードリンク

ダウンロード

 

 

準備として、以前使っていたiGGがあるならそれはアンインストールしておいてください

そして、Cydiaより「sudo」をインストールしておいてください

 

手順

1:上記のダウンロードリンクよりiGGをダウンロード、インストールする

2:iGGのアイコンをホームに表示させる
(Terminalで「uicache」と入力してエンター)
この時点では絶対にiGGを起動しないでください

3:ホーム画面にアイコンの表示が確認できたらTerminalを起動します

4:MACアドレスを変更するので、以下のコマンドを入力してください

su

[パスワードの入力(変更してなければalpine)]

nvram wifiaddr=24:5F:DF:69:E6:9A

5:再起動する

6:初期化時のような画面が表示されます(MACアドレスを変更したため)が、指示に従ってください

7:設定からMACアドレスを確認し、24:5F:DF:69:E6:9Aになっていれば成功です

また、MACアドレスでライセンス購入者を判断するのは他の脱獄アプリでもよくあります

なので、他の有料脱獄アプリを正規購入している方がもし、いらっしゃるのならMACアドレスを変更しっぱなしでは機能しない場合があるので、ご注意ください

 

MACアドレスを元に戻すには以下のコマンドを実行してください

su

[パスワードの入力(デフォルトではalpine)]

nvram -d wifiaddr

 

MACアドレスが変更されたままだとiTunesと同期できないようになります

「iPhone(iPod touch・iPad)"デバイス名"の内容を読み込めません。iPhoneの設定の[概要]タブで[復元]をクリックして、出荷時の設定に復元してください。」

と出ると思います

 

なので、iTunesと同期する場合は上記のように

su

[パスワード]

nvram -d wifiaddr

とコマンドで実行し、再起動してください

 

 

iGG5の有料版を使用してみて使いやすかったら正規版を購入してくださいね。

あなたにオススメの記事

-使用ツール